1876年
(明治9年)
初代河合麟三郎、大阪南区竹屋町において凍氷卸商を創業(天然氷採取・貯蔵販売)
1887年頃
(明治20年頃)
広島・呉・尾道・福山に事業所(氷室)増設。広島を本店とする。
1890年代
(明治20年代)
下関(赤間関)に本店を移し、門司・別府・佐世保に事務所を設ける。
機械製氷の時代となり天然氷販売は逐次その跡を断つ。
1922年
(大正11年)
二代目河合弘太郎、下関工場(10トン)建設。
1924年
(大正13年)
博多工場(10トン)建設。製氷業を創始。
1936年
(昭和11年)
三代目河合弘次事業を継承。
1951年
(昭和26年)
株式会社に組織変更(会社設立)。河合豐昭社長就任、松岡龍雄専務就任。
1955年
(昭和30年)
八幡工場(製氷15トン)新設
1959年
(昭和34年)
冷蔵倉庫営業開始。
1965年
(昭和40年)
下関工場に食品加工を併設し水産、農産物の冷凍加工食品の製造販売を開始。
1970年
(昭和45年)
博多工場、下関工場(昭和46年)の製氷を廃止し、仕入氷の卸売に変更。
1974年
(昭和49年)
箱崎工場新設。
1983年
(昭和58年)
河合豐昭社長、海事功労者として運輸大臣表彰をうける。
1985年
(昭和60年)
博多工場廃止。
1987年
(昭和62年)
倉庫証券発行許可、自動車運送取扱業、自動車代弁業、自動車運送利用業の登録認可をうける。
1988年7月
(昭和63年)
松岡龍雄専務、海事功労者として運輸大臣表彰をうける。
1988年11月
(昭和63年)
河合豐昭社長、藍綬褒章を受章。
1990年
(平成2年)
河合弘吉代表取締役社長に就任。河合豐昭代表取締役会長に就任。
1995年
(平成7年)
古賀物流センター(立体自動倉庫導入)新設。
2002年
(平成14年)
福岡物流センター新設。
2006年
(平成18年)
創業130周年を迎える。
2016年
(平成28年)
創業140周年を迎える。
2016年10月
(平成28年)
河合喜文代表取締役社長に就任。河合弘吉代表取締役会長に就任。